news

メールのマナー

携帯のメールには、ほとんどマナーはないですが、パソコンでのメールは気をつける必要があります。

多くのマナーが存在しますが、いくつかを挙げてみたいと思います。CCとBCCの違いを分かっていますか。CCに入れたメールアドレスは送った人全員に表示されます。一方、多くの人に同じメールを送りたいが、誰に送ったか知らせたくないときにはBCCを使います。

メールの途中で改行をしていますか。それぞれが違ったメールソフトを使い、ある人はOutlookを、またある人はHotmailを使っているかもしれません。それぞれが同じメールを見る場合も、同じように見ることはできないかもしれません。そこで、35-40文字程度の区切りが良いところで改行する必要があります。

文章を段落分けしていますか。相手がより読みやすいように、話の内容が変わるときには、一行段落を空けるとよいでしょう。

MB(メガバイト)単位の添付ファイルを送っていませんか。受信相手の接続がダイアルアップの場合には、受信する時間が数分かかってしまうかもしれません。また、メールでは送れないような大きな容量のメールを送りたい場合には、ファイル転送サービスを利用しましょう。

件名を分かりやすく書いていますか。1日に100通以上のメールを受信する人も多々いるのです。その中で、無題のメールをすぐには見ないかもしれません。適切な件名を書き、前置きは短く、本文が長くなる場合は簡単に本文の概要を最初に書いておくほうが良いでしょう。

HTML形式メールとテキスト形式メールの違いを分かっていますか。HTML形式のメールは文字の装飾等を行うことができますが、セキュリティーの面で問題があります。特に必要がなければ、テキスト形式のメールを使いましょう。

最後に、パソコンのメールはすぐに返してもらえなくても気長に待つことも大切かもしれません(originalest)。

データ便(http://www.datadeliver.net/

宅ふぁいる便(http://www.filesend.to/

YouSendIt(http://www.yousendit.com/


more news

about us contact us sitemap