news

収益性分析で見る株式投資

株式投資を運や流れ、チャートによる分析によって決めることは、危険です。

多くの投資家は、企業によって発表される貸借対照表や損益計算書にある科目によって分析する。ここでは仮想の貸借対照表と損益計算書をもとにROAとROEを分析してみたいと思う。

貸借対照表及び損益計算書

ROA(総資本利益率)

ROA(総資本利益率)とは、企業の資産に対して、どの程度の利益を上げているかを示す指標である。利益(当期純利益、営業利益、経常利益)を総資本(資産合計)で割ることで得られる。

ROA

ROE(自己資本利益率)

ROE(自己資本利益率)とは、株式の発行等で集めた資金をどれだけ効率的に使っているかを示す指標である。当期純利益を自己資本(資本合計)で割ることで得られる。

ROE

現在は、ROEが重視される方向にあり、ROAを下げてもROEを上げる経営をすることが求められている。

まだまだ多くの分析があり、株式投資をする時は、このような分析をしてみてはどうだろうか(originalest)。

東京証券取引所 証券用語(http://www.tse.or.jp/glossary/


more news

about us contact us sitemap