news

知ることのなかったエタノールの可能性

私たちはエタノールを過小評価していたのかもしれない。世界で、再生可能エネルギーである風力や太陽光の拡大が叫ばれる中で、エタノールもこれらと同等の市場を持つ可能性がある。

Clean EdgeのClean-Energy Trends 2006によると、バイオ燃料(バイオエタノールとバイオディーゼル)市場は2005年の1570億ドルから2015年には5250億ドルへと拡大することが見込まれている。そして、この市場規模は風力や太陽光を超えている。

2005年2015年
バイオ燃料 $15.7 billion $52.5 billion
風力$11.8 billion$48.5 billion
太陽光 $11.2 billion $51.1 billion
燃料電池と水素 $1.2 billion $15.1 billion

この市場の拡大は、私たちの周りでも感じることができそうである。ブラジルや米国、EU、カナダ、オーストラリア等の多くの国でガソリンにエタノールは混合されており、そして拡大を続けている。

IEAが昨年行なったパリでのワークショップでは、エタノール単独で2025年には世界のガソリンの10%を代替し、2050年には30%を代替する可能性があることが示された。

日本でのエタノール拡大は、輸入に依存することになるかもしれないが、それでも不安定な中東の石油の依存を減らすことができるだろう。

Clean-Energy Trends 2006(http://www.cleanedge.com/reports/trends2006.pdf)

Biofuels Workshop Summary Assessing the Biofuels Option(http://www.iea.org/textbase/work/2005/
Biofuels/Biofuels_Workshop_Summary.pdf
)


more news

about us contact us sitemap