news

裁判員制度を回避するための方法

裁判員制度が平成21年5月(2009年5月)から始まることに伴い、最高裁判所が実施した調査によると、多くの国民は裁判員制度を望んでいないようだ。

裁判員としての参加意欲
裁判員としての参加意欲

裁判員制度から逃れることができるのは、

  • 70歳以上の人
  • 地方公共団体の議会の議員(ただし会期中に限る。)
  • 学生,生徒
  • 5年以内に裁判員や検察審査員などの職務に従事した人及び1年以内に裁判員候補者として裁判員選任手続の期日に出頭した人
  • 一定のやむを得ない理由があって,裁判員の職務を行うことや裁判所に行くことが困難な人

以上の人のみ、仕事が忙しいからという理由では認められない。しかし、まだ施行までにある時間で、PSE法(電気用品安全法)のように解釈を変更したり、改正や廃止にすることもできなくはない。

また、Wikipediaには問題がある裁判員に関する海外の事例が載っている。ドイツでの再審員制度では、酒に酔った再審員が居たため延期され。米国での陪審員制度のもとでは、審理中に居眠りをし、その場で陪審員を回避された事例等である。裁判員を回避するには審理中に寝ればよいということなのでしょうか。

反対の動きはあるものの、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が改正される機運は高まってはいない。

「裁判員制度の制度設計等に関する調査研究報告書」【概要版】 (http://www.saibanin.courts.go.jp/topics/pdf/houkokusyo.pdf)

公布後施行前の法律の改廃 (http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column026.htm)

裁判員制度の紹介 (http://www.saibanin.courts.go.jp/introduction/)

裁判員制度 - Wikipedia (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%
E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6
)


more news

about us contact us sitemap